自動車を買って初めて車検に臨む時は、何度も車検を受けた車と違って、気をつけないと...

はじめての車検-中古車の高値買取り査定 高く売却するための裏技

はじめての車検

自動車を買って初めて車検に臨む時は、何度も車検を受けた車と違って、気をつけないといけない点はそれほど多くありません。特に日々の点検をしていなかったとしても、高速運転だったり乱暴な運転だったりと、車に負担がかかるような走行をしてなければ、ほぼ車検は通ります。
それでも、初めて車検に臨む時に、エンジンオイルやバッテリー、ブレーキオイルやラジエーターの冷却水などは交換しておいた方が無難です。車検は、自動車を走らせる上で必要な最低限度の基準をクリアすればいいわけですから、絶対に大丈夫という安全性を担保するものではありません。
バッテリーは通常走行をすれば、3年が交換の目安になりますから、最初の車検とタイミングがあります。また、ブレーキオイルやラジエーターの冷却水も、車検ごとに交換しておくのがいいでしょう。
さらにエンジンオイルはもっと短い段階で変えないといけません。一般的には、交換してからの走行距離が5000kmを超えた時には交換する必要が出てきます。5000kmに達していなくても、交換してから1年経ったら、エンジンオイルは換えた方がいいと専門家も話しています。
一般的に自動車を買った場合保証がついてきますが、この保証期間は最初の車検の時点で終わるのが普通です。そこから先は自己責任で日々の点検をする必要が出てきます。
ただ最近は、車検ができる整備工場で、次の車検まで保証してくれるサービスも出てきています。車検に臨む時にはその点も確認するといいでしょう。

copyright 2011 中古車の高値買取り査定 高く売却するための裏技 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。