車検をに臨む時には、用意しないといけない書類が何種類もあります。この時に書類を用...

車検で用意する必要書類-中古車の高値買取り査定 高く売却するための裏技

車検で用意する必要書類

車検をに臨む時には、用意しないといけない書類が何種類もあります。この時に書類を用意していなかったり、足りなかったりすると、検査ができないので、確実に準備をしておくようにします。一口に車検と言っても、大きく3種類に分けられます。
1つ目は新規検査と言われ、まだ登録されていない自動車を検査するときに受けるものです。2つ目は構造等変更検査と言われ、自動車を改造して、大きさなどが変わった時に受けるものです。3つ目は継続検査と言われ、今乗っている車に引き続き乗る時に受ける検査です。
私たちが普段臨んでいるものは継続検査にあたりますから、ここでは継続検査に絞って、用意する書類を挙げていきます。まず用意するのは、自動車検査証と自動車検査表、そして点検記録簿です。点検記録簿というのは、過去にどれだけ整備をしたか、その記録を残しているものです。
また、自動車関連の税金を支払っていることを証明する書類も用意します。自動車税納税証明書に、自動車重量税納付書がこれに該当します。これらの税金は、納めた時に半券をもらえます。この半券が検査に臨む時に必要となります。
また、自賠責保険証明書も準備します。車検は、整備工場などに車を出してできるものもあれば、自分で全て整備して臨むユーザー車検でもできます。
どちらの方法で車検に臨んでも、必要な書類が変わってくるということはありません。気になるという人は、車検をしてくれる整備工場の作業員か、自動車検査事務所の職員に尋ねて、必要書類を聞いておくのもいいでしょう。

copyright 2011 中古車の高値買取り査定 高く売却するための裏技 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。