同じ自動車に乗り続けて、3度目の車検の時期が来たとします。この時、乗っている車に...

3度目の車検-中古車の高値買取り査定 高く売却するための裏技

3度目の車検

同じ自動車に乗り続けて、3度目の車検の時期が来たとします。この時、乗っている車には、相当大きな整備が必要になることは、あまり知られていません。それまでの車検を受けた時と同じように、エンジンオイルやバッテリー、ブレーキオイルなど、よく取りかえるものについては当然交換が要ります。
ただ、3回目の車検の時に注目したいのはマフラーです。マフラーは、一般のユーザーにとって交換するようなものではないと考えているかもしれませんが、自動車を専門に扱う人にとっては、実は消耗品に位置付けられます。なぜかというと、それはエンジンのメカニズムに直結してきます。
エンジンは自動車を動かす時にガソリンを燃やしていますが、この時、同時に水を作って外に出しています。従ってマフラーには水がたまりやすく、その水がマフラーを錆びつかせてしまいます。
ですので、マフラーは定期的に交換しないといけなく、放っておくと、マフラーに穴が開いて車にトラブルが出ることもあるのです。そのマフラーの交換の目安が、だいたい3回目の車検の時期にあたりますが、交換にはおよそ3万円もかかります。
こう考えていくと、3回目の車検というのは、相当の部品を換えないといけない時期でもあります。場合によっては、車検するよりも、新しい車に乗り換えた方が安かったということもあり得ます。車検業者に前もって見積もりを作ってもらうなどして、どちらが得なのか、判断する必要があります。

copyright 2011 中古車の高値買取り査定 高く売却するための裏技 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。